FC2ブログ

プロフィール

カイシンシ

Author:カイシンシ
可愛くエッチ要素あるマンガを目指して努力中。絵の研究は果てしないです…。

同人活動は怪盗紳士団で。
連絡先メールアドレスはこちら
nadesune@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ‥6月がどんどん無くなっていく…。
気温もほとんど夏な感じですし、アレな準備的にも焦り気味。

そんな中、今日のラクガキはある意味当然の様にこちら。

転生天使01b
クリックで全体

AngekBeats!、転生天使であってポニー天使でもある奏さん。
あ‥名前は同じかな…。

最後のとこのシーン、個人的にはこんな感じであって欲しい。

結弦、奏の肩つかんで呼び止める。
奏、ちょっと怒り気味で「遅い…。」‥と。
困惑する結弦、ほほえみながら「冗談。待ってたのは本当だけど。」
色々察する結弦、そこで言う。
「良い店知ってるんだ。麻婆豆腐食べに行こう。」

‥みたいな。

実際のとこ奏が誰待ってて、結弦がどこに行こうとしてたのか気になりますね。
とにかく天使さんは髪型変わっても天使さんでした。


しかし、同人作業もそろそろまとめないといけない時期。
でもそこでまさかの最終回での”ハイテンション天使さん”。
‥うかつだった‥あそこまで面白い子だったとは…。

今更構成し直すのは不可能だからイラストでそれは描いてみるか。
表紙も”パージ無し”も描いてみたくなってきてるし、だけど時間無いし…。
とにかく今日最終的にどこまで描くかを決めないと。


‥で、昨日は色々最終回でしたね~。
化物語も‥とは予想外。

まずデュラララ、きれいにまとまったってよりまとまりすぎかも。
しかも予想外のギャクアニメ展開で驚き。
そう簡単にどうにかなる様には思えなかったなぁ…。

解決したのかどうなのか、それも謎だけどセルティが良い人でサイモンがかっこ良かったからいっか。
この作品、2期あるとしたら旅立った正臣が戻ってくるとこ‥ですかね。

しかし、やはり主人公はセルティじゃなかろうか…。


AngelBeats!、どうも展開的に賛否両論っぽいですけど自分は楽しかったです。
奏の”青春をくれた恩人への感謝の言葉”ってのも個人的に重かった。
実際のとこ、このレベルの移植手術だとたとえ成功しても‥だと思うんですよね。
だから”時間”ではなくわずかでも”自由”をもらえた事の感謝の気持ちがあったんじゃないかと。

ギリギリで生きる人にとって”長く”は正直そんなに大きな意味ではないと思うんです。
どう生きるか‥それが何より大切なのでは無いかと。
健康ならなんて事無い事でもそうでない人にとっては手の届かない夢だったりもするんですよね。

まぁ‥ここら辺は状況や経験で感じ方は変わるでしょう。
たまたま現実ですごく勉強させてもらったのでこの話はすごくすんなり入ってきて理解もできました。

‥と、解釈は人それぞれで良いけど、個人的にはやはり天使さんが良かったですね~。
前に不器用‥と言ってたけど、性格的にもそうだったのかも。
たぶん目的達成の為に頭いっぱいで余裕無かったのではないかと。
それがすっきりしたら本来の楽しい性格が‥ではないでしょうかね。

麻婆豆腐への想像以上の思いも楽しかった。
ゆりと仲良くなってたのも微笑ましかったし、EDでメンバーの中にいたのもうれしかった。

意外‥と言えば最後に結弦とのあのシーンがあった事ですね。
あれも天使さんファンの自分的に良かったです。

謎的にはあの世界、結局分からないままでした。
あと結弦と奏の時間差。
移植手術を考えると先に奏がいたのはおかしいんですよね。
時間は前後するって事かな。
それと奏があの能力使えた事も。

とはいえ、とにかく自分的には全部ひっくるめて良い最終回でした。


化物語最終回、こちらはAngelBeats!の放送後辺りでやっと視聴。
撫子的にはアレですが、それでもすごく面白かった。
原作読んで忍の事も好きなのであの活躍もすごく良かった。
まさにさすが‥って感じ。

羽川もそういえば‥でした。
今にして思えばそんな行動してましたね。

それにしても最初は怖いヒロインだったガハラさん、今は正直かなりかわいく思えてきました。
なので暦が彼女を選んだのも正解かな‥と思えたり。

‥と、最終回としては大満足。
だけど撫子的にはまだ全然足りない。
そんなわけで今後の展開を期待。

しかし猫物語、発売近いけどネット系でまだ予約できず。
速攻買いたいけどどうなるやら。
あとガイドブックもすごく楽しみ。
個人的に短編の”なでこプール”はかなり期待してしまう。


では‥同人原稿をどんどん進めないと。
スポンサーサイト

コメント

Angel Beats!。
まさに人それぞれの取り方次第ですね。
自分のブログでも書きましたが、解釈も違えば、その人の答えも違う。
でもKeyがいつも深く語らずに、こちらにも考えさせる、予想させる。そんな作りしてますから、 突っ込みが無いわけじゃないですけど、これで良かったと安心感が強いです。本当に、良い最終回でした。
かなでがとにかく可愛くて、面白くて、“麻枝准”の書くお話にしてはストレートな愛だったのが印象的でした。

雫さんへ‥

AngelBeats!、自分的にはとても良い最終回でした。
場合によっては救いの無い流れも予想はしてたんで。
天使さんファン的にも良かったです。

しかし、やっぱり奏がヒロインでしたね。
エンジェルビーツってのもつまりは奏の事でしょうし。
あとは未放送話数と天使さんのコメンタリーが個人的にかなり楽しみです。

昨日はお疲れ様でした。

もうすぐ今年が半分終わりますね・・・。
実際にはそんな感慨を抱くよりも湿気に体力と精神力を
奪われてしまって何というか早くこの鬱陶しい季節が
終わらないかな・・・なんて事をずうっと考えて
いますね。

今回のお絵描きの題材は最後のシーンの我らが
天使さんですね。
あのシーンの天使さんをもっと良く眺めて見たかった
です・・・。

ではこのままABの感想を・・・。
今回は本当に天使さんの色々な面を見られましたね。
まさかあんなにテンション高い天使さんが見られる
なんて・・・鼻歌も歌ってたし・・・。

それにしてもまさか天使さんの心残りがあんな事
だったとは・・・。
何か・・・最終回は本当に良い天使さん回でした。

細かい感想を書こうとすると凄く長くなるだろうし
纏まりの無い文章になりそうなのでここら辺で。

次にデュラララですが
こちらもそれなりに綺麗に終わりましたね。
三人の関係が元の通りとは行きませんでしたが
最悪の状態になる事は避けられたかと。

ただ或る意味ラスボスの臨也を罪歌の支配下に置いて
騒ぎを起こさせ無い様には出来ずちょっと嫌な
雰囲気になりましたがそこはサイモンが少しだけ
祓ってくれましたね。

私はそんなにギャグアニメ展開とは思いませんでしたが
主人公はセルティだって言う意見には激しく
賛同しますね。

化物語の最終回はやはりBDで発売されてから見る事に
しますが内容はやはりいままで通り原作準拠の展開
だったのだとすれば・・・きっと良い最終回だった
のでしょう。

こうなったらやはり傷と偽も見てみたいですが・・・。

それから発売予定になっている猫と・・・あと・・・
何でしたっけ?・・・は、いつ発売になるのやら。

それから偽に書かれていた完全にデレたガハラさんって
いうのも見てみたいですね。

さて、最近始めたPSPのミクのゲームと“+”ですが
前者は取り敢えず有名な楽曲のPVを見られる様に
する為にイージーモードでグレートを取るべく
励んでみました。

で、PVを見られる様になった数曲の内で一番気に
入ったのはおそらく多くの人が一番最初にプレイする
であろうワールドイズマインですね。
曲も歌詞もPVの映像も上手くマッチしていて
凄く気に入りました。

二番目にお気に入りの恋するVOC@LOIDですが
間奏が短縮されているのがちょっと・・・。
あれは尺の関係なのかそれとも契約上の問題でも
有るのか・・・。

で、もっと遊びたかったのですが“+”も早く遊んで
みたかったので早々に切り上げて“+”へ。

“+”の現状ですが・・・
最初の印象では寧々さんが気に入ったのですが
何故か今一番好感度が高そうなのはどう考えても
凛子・・・。
でも、デレた凛子は中々可愛いですね。

まあ今のセーブファイルは凛子とのモノにして他の
セーブファイルで寧々さんと・・・。

愛花は・・・何かやっぱりちょっとインパクトが
足りないというか中途半端というか何というか・・・。
容姿だけなら結構好みの筈なんですが・・・。

愛花の良さを愛花の彼氏な方に聞いてみたいですね。

では、早く凛子と正式にお付き合い出来る様に
しなくては!

bow50 さんへ‥

こんばんは。

今年も、もう半分なんですね~。
でもそれを忘れる暑さです。
とにかく湿度がきついですね。

今回、描くとしたらやはりあの天使さんでしょう‥って事で。
あの後、どうなったんでしょうね。

AB、他の方的には色々あるようですけど、個人的には天使さんルートだったんで文句無しです。
最後にすごく楽しい性格も見せてもらえましたし。
しかし、思い残した事があの事だとは…。
これ知った上で最初見ると何とも複雑な気持ちです。

デュラララ、思った以上にすんなり終わりましたね。
そう簡単には‥と思ってたんですけど、ここまですっきりいくとは。
なんだかんだでラスボスだった臨也もサイモンが鉄拳与えてましたからだいぶすっきりもしました。

ギャグアニメと感じたのは主にバトル部分です。
先週までの痛さは今回感じなかったので。
とにかくセルティ、やっぱり良い人ですね。
存在的に主人公で良いです。

化物語、こちらはホント‥良い最終回でした。
傷や偽で忍見てるとその点でも面白いです。
そのアニメはどうなんでしょうね。
まず制作会社的に大丈夫なのかどうか…。

なお、猫物語はつばさ下巻と同じ日です。
売ってさえいれば忘れないでしょう。
ガイドブックはまだ未定みたいです。

あとゲームは現在同人進行優先なのでなかなか時間取れてないです。
特にミクの方が…。
こちら、G’sマガジン買いに行く時にでも進めたいと思います。
とにかくまず曲を全部オープンしたいです。

ラブプラス+、こちらはゲーム引き継ぎなんで程々で進行中です。
キャラは自分の場合凛子オンリーでしか会ってなかったんで寧々はほとんど出てこなかったですね。
愛花はさらにですけど。
なお、彼女はいわゆるメインヒロイン的なポジションだと思います。
数値的にも平均値。
だからインパクトって意味では薄いのではないかと。

では、こちらもがんばってください。

ごきげんよう、naonaoです。

良い補完ラフ&ショートストーリーです。


ABは予想以上に綺麗に締めましたね。
欲を言えば、もう少しその後の展開を見てみたかったような。

不思議世界に来た姿が直前のものだとすると、動ける時間は少なかった可能性が高そうです。

自分は上のような無粋なことが頭をよぎってしまい、恐らくカイシンシさんのような深い感動は得られませんでした。
細かいことを考えず、素直に感動に集中できる思考回路が欲しいものです。

naonaoさんへ‥

ごきげんよう。

補完ラフ、これは描く事出来るスキル持ってる良さを感じられます。
その後ストーリー、何らかの方法で形になってくれるとうれしいんですけど。

AB、key作品ノリって考えるとすごく綺麗に終わったと思います。
トラウマ級のきつい展開もそう無かったですし、個人的には全体通して良かったです。

あとkey作品は色々考えさせたり分からなかったりする事が多いのがある意味特徴です。
なので見る人によって感じ方は違うんですよね。
自分はたまたま特殊環境にあったので見え方も違ったのではないかと。

ポニーな奏さんをありがとうございます。
ロングもいいですが、これも似あってますよね。

AB最終回、賛否両論ですね。

奏が音無を置いて先に逝ってしまったのは、あの世界に残ることを決めた、つまり未練ができてしまった、音無も無事に卒業させたかったのかなと思います。

誰かが導いてあげるほうが平和かもしれないけれど、迷いながらもガムシャラに過ごすのが学生生活かな~と。

nikkiさんへ‥

奏さん、ポニーも良いですし、あの服装も良かったです。
願わくばもっと色々な姿を見たかったですが…。
とにかく天使ですね~。

AB最終回、賛否両論はテーマ的に当然なのかも。
あの世界に残らなかったのはやはり長居してはいけない世界だからではないかと。
実際のとこ未来がないですし。
でもだからこそ転生後待っていた‥と思いたいです。

色々綺麗に解決‥とはならなかったですが、それも精一杯生きて存在したって事かな‥とも思ってます。
とにかく他の人はともかく、自分は良い最終回だと思ってます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。